制作部門

私たちは初回打ち合わせから加工仕上げまで、クオリティの高い完成品をイメージしお客さまに満足していただけるように 細心注意をはらって作業を進めています。

プロセス

3Dデータ制作(CAD)

いただいた図面やイメージ等から、データ全体を見ながら制作していきます。
お客様のご要望やご意見を取り入れ、イメージに一番近くなるように細部を作りこんでいきます。

加工データ制作(CAM)

完成したデータから、どのように加工するかのデータを作っていきます。
高い精度を出せるよう、バグや加工ラインの乱れが無いように細心の注意を払います。

NC切削

CAMで組んだデータを機械に流し、実際に切削を行います。

表面処理

切削したままでは塗装出来ないので、滑らかに表面を処理していきます。
この作業で塗装や見た目の美しさが左右される事が殆どなので、慎重に作業をしていきます。
これとは逆に、砂やガラスを当てて表面をあえて荒らしたブラスト処理と言う方法もあります。

組み上げ(アッセンブリ)

塗装、シルク印刷、アルマイトなど、各部署で処理したものを組み上げ、完成させます。
曲がったりヨレがないように全体に気を配りながら組みます。



電飾について

ビクトリープラスチックリサーチでは電飾も承っております。 「ここを青く光らせて欲しい」「全体を白く光らせたい」などのご要望にお答えしています。

↑ ページの上部へ