注型部門

金型を製作する事無く高精度且つ短時間で樹脂簡易成型が可能 樹脂又はウレタンゴム、シリコン系試作開発等に於い表面テクスチャーや精度等に マスター同等の再現性を求める場合や開発段階に於けるロット生産の為のコスト削減、 納期の短縮に最適な技術です。

プロセス

マスター製作

3次元データ等を活用しNC加工機で直彫り加工または
3Dプリンターやその他、積層造型機でSTLデータからマスター製作

シリコン型作成

箱状の型枠の中の適した位置にマスターをセッティング作成
この時点で製品のパーティングラインを決めテーピングを済ます。
その後シリコンを注入し真空中にて脱泡後(エア抜き)、型硬化させる。

型割

硬化したシリコン型の塊を予め決めておいたパーティングに沿ってカットする。

注型

注型用指定材料の主剤と硬化剤を真空装置に於いて減圧した中で
混合攪拌した後型開けしたシリコン型の中に注入。
注入後装置から取出し炉中で硬化を待ちます。

脱型

硬化後、シリコン型から製品を取出し、ゲート処理や必要に応じて
塗装やメッキなどの表面処理をし完成となります。
また型を休めた後、再加工に入ります。形状にもよりますが一型で
出来る注型製品はおよそ10個程が目安です。

↑ ページの上部へ