アルミ表面処理部門


社内にアルマイト(陽極酸化)設備を擁するため、アルミの各種表面処理をフットワークよく行います。

プロセス

前処理

アルマイト前に施す、切削痕や、傷の除去、装飾的な意図を目的とした表面処理

*クリックすると拡大します

化学研磨

研磨溶液に浸潤させ、化学的に研磨することにより、光沢や光輝性を持たせる処理です。たとえば梨地加工を施したものに化学研磨することにより光沢のある梨地が得られます。

アルマイト処理

アルミの表面に人工的に酸化被膜を生成させる処理で耐蝕性、耐摩耗性を向上させ、装飾的機能(染色)を付加します。

染色

アルマイト処理で生成された酸化被膜に染料を吸着させることにより着色します
原色だけでなく、色サンプルや指示をいただければ調色することも可能です

封孔処理

封孔処理を施すことにより染料を定着させ耐食性を向上します



サンプル

表面のテクスチャを変えて幾何学模様にしたり、多色アルマイトが可能です


*クリックすると拡大します

↑ ページの上部へ